汚部屋はすぐに片付けましょう|魔法のようなサービス

特殊清掃のプロ

清掃用具

自殺や病気などで亡くなった方の部屋は、凄惨なものです。きれいにする清掃するためにも特殊清掃を利用しましょう。特殊清掃は万一に備えてすぐに利用できるようにしておきましょう。

Read More

信頼できる業者選び

笑顔の女性

個人で行う清掃作業は非常に大変な作業でしょう。様々な清掃作業を請負ってくれる清掃会社のサービスを利用して快適なサービスを行うようにしましょう。最近は作業エリアも拡大してきています。

Read More

飲食店の清掃

洗剤

飲食店にとって毎日の清掃は当たり前のようなものです。しかし、時には対処の仕様がない汚れも出て来るでしょう。そのような際に有効活用できるのが清掃会社のサービスなのです。

Read More

特殊清掃の利用

雑巾を持つ人

特殊清掃という仕事について

特殊清掃という仕事について紹介いたします。特殊清掃というのは、清掃業の一形態ではありますが、一般的な清掃とは異なります。それは事件や事故等の汚部屋の片付けであるからです。片付けが必要な汚部屋ではしばしば死体を扱うため、一般的に考えられているよりもハードルの高い業種といえるでしょう。その割に給与は高くないという点で、割に合わないと感じる人も多い業種だそうですが、裏を返せば使命感のある、非常にやりがいのある仕事と言い換えることもできるでしょう。なぜ特殊清掃は一般的な清掃と分けられているのでしょうか。それは衛生上の問題でしょう。例えば腐乱死体などの血液は、適切に扱わなければ感染症の原因となります。また血液用の洗剤は、一般的な洗剤とは異なる上に、混ぜることで塩素ガスを発生させるため危険なのです。

強い精神力が必要不可欠

特殊清掃にはある程度の適正が必要とされています。それは強い精神力です。心臓が弱い人も適正に欠くといえるでしょう。まず特殊清掃員は、現場のショッキング度を選ぶことができません。どれほどショッキングな現場でも、必要があれば出向かなければいけないのが特殊清掃員です。例えば人身事故の現場で清掃を行うのも、特殊清掃員です。日常的に死体や血痕、また現実における負の部分を目の当たりにしても、平然としていられるだけの精神力、もしくは認知的能力が必要といえるでしょう。またその他には、高度な専門的知識をもつ有資格者、もしくはそれと同等クラスの知識と専門性をもつことが必要とされるでしょう。また高齢化に伴い特殊清掃の需要は、今後急速に拡大していくと言われています。