汚部屋はすぐに片付けましょう|魔法のようなサービス

特殊清掃のプロ

清掃用具

知っておくと良い特殊清掃

人間は、誰でもいつか死ぬものです。そして、今や全世帯数の三分の一を占めている一人暮らしの人は、部屋で孤独死する可能性が高いのです。今後、高齢化が進むと、一人暮らしの高齢者の孤独死も増えることが予想されます。事件や事故、自殺や病気などで亡くなった方の部屋をきれいにする作業を、特殊清掃といいます。特に、孤独死して何週間も経過した部屋は、特殊清掃のプロでないととても作業ができません。一人暮らしの身内や知り合いがいる人、賃貸物件の経営者などは、特殊清掃のことは、万一に備えて知っておいたほうが良いでしょう。特に身内や友人にとっては、現場は見るに堪えない状況になっています。家主も、近所の苦情を避け、物件の原状回復に努めなければいけません。

業者の選択と作業内容の工夫

特殊清掃の作業は、高い技術を持った業者に依頼するべきです。こびりついた血液や体液を除去するのは、特殊な薬剤が必要ですし、臭いを迅速に除去するのも、オゾン消臭などの技術が必要です。また、死後何日も経過していると、虫が大量に発生している場合もあるので、衛生上も、虫の駆除や殺菌が必要です。また、故人の私物の整理も重要です。貴重品や遺品となりそうなものは遺族に確認したり、汚れのひどい物品はきちんと処分してくれる業者を探すのが良いでしょう。また、リサイクルできる私物はリサイクルに回して、少しでも費用を抑えるという方法もあります。それ以外の私物も、単に処分するのではなく、専門の遺品整理士などに依頼し、供養の気持ちを持って整理してもらうという方法があります。